cover art

他学会・講演会等の開催情報

このページに学会・講演会等の情報の掲載を希望される場合には、以下の連絡先まで、リンク先やその他の必要な情報をお寄せください。もし可能でしたら、こちらのテンプレートの通りにお願いいたします(作成が難しい場合は通常のフォーマットのもので構いません)。なお、エイチティーティーピーから始まるリンクに関しては、安全ではないと判定される可能性が高いため、エイチティーティーピーを★に置き換えて掲載させていただきます。また、会員メーリングリストによる周知をご希望の場合はあわせてお知らせください。その場合、メーリングリストで周知する文面をメールタイトルも含め、別ファイルでご用意ください。

連絡先:[お手数ですが、手入力をお願いいたします。]
※送信後、休日を除き72時間以内に掲載されない場合には、事務局に届いていない可能性があります。再送信いただくか、事務局にお問い合わせくださいますようお願いいたします。



学会・シンポジウム・講演会


第 62 回 日本サミュエル・ベケット研究会 定例会


【日時】 2024年7月13 日(土)13:00~17:35
【会場】早稲田大学戸山キャンパス
【プログラム】
14:00-17:35 『ベケットのことば』合評会
※執筆者からの論文紹介:各10 分  コメンテーター:10 分
会場とのディスカッション:20 分

14:00-14:10  趣旨説明  司会:木内久美子(東京工業大学)
14:10-15:10  第一部
          報告者:清水さやか(日本学術振興会特別研究員)
              川島知也(東京大学大学院)
              対馬美千子(筑波大学)
      コメンテーター:田尻芳樹(東京大学)
(15:10-15:15 休憩)
15:15-16:25  第二部
          報告者:石川太郎(立教大学)
              岡室美奈子(早稲田大学)
              朴夏辰(早稲田大学)
              堀真理子(青山学院大学)
      コメンテーター:森尚也(神戸女子大学)
(16:25-16:35 休憩)
16:35-17:35  第三部
           報告者:宮脇永吏(桃山学院大学)
               井上善幸(明治大学)
               近藤耕人(明治大学)
       コメンテーター:藤原曜(関西学院大学)

会員の方以外のご参加も可能です。
参加をご希望の方は、kanjikai@beckettjapan.net までお名前とご所属をお示しいただいた上でご連絡ください。



初夏の文芸フェスティバル


日時:2024年6月15日(土)13:00~15:00(12:15開場)
場所:早稲田大学大隈記念講堂・国際文学館

概要:パネルディスカッション「翻訳者たちは語る」
登壇者:
斎藤真理子(韓国文学翻訳者)
海老原志穂(チベット文学翻訳者)
アンナ・ツィマ(作家・日本文学チェコ語翻訳者)
柴田元幸(モデレーター:早稲田大学特命教授・国際文学館顧問)
参加方法等詳細は次のURLを参照
https://www.waseda.jp/culture/wihl/other/6579



成城大学国際編集文献学研究センター主催 編文研イベント「シェイクスピア戯曲編集のプラクシス―大修館シェイクスピア双書 第2集/第2期 出版記念イベント」


【日時】2024年6月15日(土)13:00~17:00
【場所】成城大学8号館 008教室

【概要】成城大学国際編集文献学研究センター主催の編文研イベント「シェイクスピア戯曲編集のプラクシス―大修館シェイクスピア双書 第2集/第2期 出版記念イベント」を下記の要領で開催いたします。当日は、『大修館シェイクスピア双書』第2集にて編注を務めた先生方に、シェイクスピアの編集の問題についてお話しいただきます。
【定員】100名(Googleフォームによる事前申し込みが必要です)
【申し込み期限】2024年6月15日(土)
【登壇者】
井出 新(慶應義塾大学教授・国際編集文献学研究センター特別客員研究員):
『冬物語』

篠崎 実(千葉大学教授・日本シェイクスピア協会会長):
『リチャード二世』

佐々木 和貴(秋田大学名誉教授):
『尺には尺を』

前沢 浩子(獨協大学教授):
『じゃじゃ馬ならし』

佐藤 達郎(日本女子大学教授):
『アントニーとクレオパトラ』:

北村 和香子(大修館書店・編集者)
明星 聖子(成城大学教授・国際編集文献学研究センター センター長)

本イベントの詳細及び申し込み方法についてはこちらをご覧ください:
https://www.seijo.ac.jp/events/jtmo42000001g6si.html



The Third International Conference of the Modernist Studies in Asia Network (MSIA)

https://www.modernismasia.hku.hk/items/modernism-between-past-and-future

Modernism between Past and Future
31 May – 2 June 2024
The University of Hong Kong, Hong Kong

Submission deadline:
January 15, 2024


Keynote Speakers:
Jed Esty (The University of Pennsylvania)
Christopher Bush (Northwestern University)

Roundtable Speakers from Various Locations

Call for Papers
Modernism is often characterized by an acute sense of a break from the past, yet the shadow of the past also haunts its imaginings of futurity. For Constance Chatterley, living “among the ruins” doesn’t preclude the human endeavor to “build up new little habitats, to have new little hopes,” though “there is now no smooth road into the future.” Leopold Bloom, too, finds himself at the interstices between “the irreparability of the past” and “the imprevidibility of the future.” If the mixing of “memory and desire,” as Eliot depicts it, engenders an insidious form of cruelty, it also captures modernism inhabiting what Hannah Arendt calls “an interval in time which is altogether determined by things that are no longer and by things that are not yet.” Such intervals, for Arendt, transform freedom in a public sense. Thinking in interdisciplinary terms, we ask: how does Modernism locate a space where past and future become entangled, where remembrance and anticipation are summoned to reconceptualize their significance?

Furthermore, the continued growth of scale—spatiotemporally, archivally, and textually—in modernist studies at once paves the way and makes demands for understanding the complexities of cultural and intellectual history across geographical boundaries. It also calls for a renewal of attention to narrative, aesthetic, and critical practices that vitally strengthen or disrupt connections between the past, the present, and the future.

This conference invites paper and panel proposals that explore modernism’s retrospective and prospective moments, themes, and practices. In what ways is modernism related to or disconnected from specific intellectual and living traditions? How do modernism’s revolt against and reconfiguration of the legacy of the past bear upon its transcultural reception, adaptation, and evaluation? And how might a retrospective or prospective emphasis contribute to or complicate the development of global modernist studies? We welcome papers that focus on textual analysis, cultural studies, historiographical discussions, theoretical and methodological reflections, as well as interdisciplinary work on art, cinema, theater, and other cultural products.

Topics may include, but are not limited to:

Please send proposals of approximately 250–300 words for individual papers, or 500–600 words for panels, together with short bios, to msia2024@hku.hk by January 15, 2024. Participants will be notified in February, 2024.

Conference Organizers:
Nan Zhang
Tong King Lee
Nicholas Y. H. Wong
Vivien, Yan Wei




開催済みの学会・シンポジウム・講演会