学会概要・規約

「東北英文学会(日本英文学会東北支部)」は、 2010 年 4 月より正式に「日本英文学会東北支部/東北英文学会」と改称し、次の「日本英文学会東北支部規約」の適用を受けます。

以下、規約文書と会費納入方法について紹介します。

→日本英文学会東北支部規約

→東北英文学賞規定

日本英文学会東北支部規約

一.名称
本会は、日本英文学会東北支部と称する。

二.目的
本会は、東北地方における英米文学、英語学、英語教育及びその他の関連分野の研究を促進し、併せて支部会員相互の親睦を図ることを目的とする。

三.会員の定義
(1) 日本英文学会会員で、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県の研究機関等に所属する者、ないしは所属する研究機関等を持たずにその地域に在住する者。その他、支部長が適当と認めた者。
(2) 会員は、退会する場合、退会届を出さなければならない。
(3) 会員は、二年間会費を滞納した場合、会員の資格を失う。

四.会員の種類
本会の会員は、大学院生の場合には学生会員、その他の場合には一般会員の身分を与えられる。

五.会費
(1) 一般会員、学生会員、ともに年会費一千円とする。
(2) 一般会員は本部会費七千円を含め八千円を本部・支部会費として本部事務局に一括納入する。学生会員は本部会費五千円を含め六千円を本部・支部会費として本部事務局に一括納入する。

六.役員
支部長一名、副支部長一名、支部理事十名~十五名、会計監査委員二名、常任大会準備委員六名、事務局員若干名を置く。

七.支部長
(1) 支部理事の互選により支部長を選出し、任期は二年とする。但し、就任時六十二歳未満の者とする。
(2) 支部長は、本会の事業を遂行し、さらに本会の維持と発展に努める。

八.副支部長
(1) 副支部長は、支部長が支部理事の中から指名し、任期は二年とする。但し、就任時六十二歳未満の者とする。
(2) 副支部長は、支部長の仕事を補佐する。

九.支部理事
(1) 全会員を選挙権者、被選挙権者として、五名連記による選挙で十名の支部理事を選出する。また、地域及び専攻分野を勘案しながら、五名以内の支部理事を支部 理事会において選出することができる。支部理事の任期は二年とする。
(2) 支部理事は、支部理事会を構成し、原則として年一回、予算、決算、その他の重要事項を審議する。
(3)  支部理事会は、互選により日本英文学会東北支部代表の本部役員(理事一名任期二年、評議員一名任期四年、但し、就任時六十二歳未満の者)を選出する。

一〇.会計監査委員
(1) 会計監査委員は、支部長が会員の中から指名する。
(2) 会計監査委員は、原則として年一回、会計監査を行い、理事会及び評議員会に報告する。

一一.常任大会準備委員
(1) 常任大会準備委員は、支部長が会員の中から委嘱し、六名(英文学二名、米文学二名、英語学・英語教育二名)を以て構成し、任期は二年半数交替とする。
(2) 常任大会準備委員は、支部長、副支部長、事務局員とともに常任大会準備委員会を構成し、支部大会の計画・準備に当たる。

一二.事務局員
(1) 事務局員は、支部長が会員の中から指名する。
(2) 事務局員は、本会の事業遂行の実務を担当する。

一三.事業
次の事業を行う。
(1) 支部大会の開催
(2) 東北英文学賞の選考と授与
(3) 『東北英文学研究』の刊行
(4)  その他

一四.支部大会
支部大会は年一回秋季に開催する。

一五.東北英文学賞
東北英文学賞規程は別に定める。

一六.『東北英文学研究』
『東北英文学研究』の投稿規程及び『東北英文学研究』編集委員会規程は別に定める。

一七.経費
事業に関する経費は、会費及び篤志家の寄付、その他で賄う。

一八.事務局
原則として支部長の所属する研究機関等に事務局を設置し、事務局員が業務を行うための拠点にする。

一九.改廃
本規約の改廃は、理事会が行う。

付則
(1)本規約は、平成二十三(2011)年三月一日から施行する。
(2)平成二十九(2017)年四月より、本支部の支部長及び副支部長は次の会員とする。
支 部 長 大河内昌
副支部長 佐々木和貴
(3)平成二十九(2017)年四月より、本支部の事務局は、仙台市青葉区荒巻字青葉149宮城教育大学 竹森研究室内に置き、事務局長、事務局長補佐、および事務局員を次の会員とする。
事務局長   竹森徹士
事務局長補佐 島越郎
事務局員   佐藤亮輔


東北英文学賞規定

第1条 (名称)本賞は東北英文学賞と称する。

第2条 (目的および賞金)本賞は英文学・米文学(それぞれに比較文学・比較文化を含む)・英語学(言語学・英語教育学をふくむ)の各分野における研究を奨励するとともに、優れた業績を顕彰することを目的とする。
賞金は2万円とする。

第3条(対象)本賞は、『東北英文学研究』に掲載された論文の中でとくに優秀と認めた論文に与えられる。『東北英文学研究』に掲載されたすべての論文を審査対象とする。授賞対象となるのは、原則として授賞前年度に刊行された論文とする。

第4条(審査)
1.本賞の審査は、各分野について『東北英文学研究』編集委員によって行う。
2.本賞の授賞論文は、原則としてそれぞれの賞の各部門において1年に1篇とする。

第5条(授賞)授賞の発表は東北支部大会で行い、授賞者に賞金と賞状を授与する。

付則 本規定は、平成26年(2014年)11月29日より施行する。

Copyright © The English Literary Society of Japan, Tohoku Branch