新着情報(2018/11/25)

メルマガのページを更新しました。

講師派遣事業のページを更新しました。

イベント情報を1件お届けいたします。

----------------------------------------------
Cyberpunk Tokyo Revisited:
The Transpacific Imaginings of Science Fiction
【サイバーパンク東京再訪-科学小説の環太平洋的想像力】

開催日:2018年11月30日(金)
会 場:成蹊大学10号館2階 第二中会議室
時 間:14:00~18:00
司 会:遠藤 不比人(文学部)
登壇者:巽 孝之(慶應義塾大学)
    ブライアン・ホワイト(シカゴ大学)
    ドゥーガル・マクニール(ヴィクトリア大学ウェリントン)
                 ・・・招聘外国人研究員

入場無料・申込み不要
※使用言語:英語

ポスターPDFはこちら
https://www.seikei.ac.jp/university/caps/japanese/06event_information/dougal.pdf

問合せ先:アジア太平洋研究センター
内線3549・E-mail:caps[アットマーク]jim.seikei.ac.jp

イベント情報を1件お届けいたします。

----------------------------------------------
11月28日に、このようなシンポジウムを行います。現代ヒンディー文学に触れられる貴重な機会なので、ぜひご来場ください。

現代インドで女性として書くこと──アルパナー・ミシュラさんとの対話
日時:11月28日(水)17:30-20:00
場所:東京大学駒場キャンパス コラボレーションルーム1
講師:アルパナー・ミシュラ(ヒンディー語作家、デリー大学准教授)
   都甲幸治(翻訳家、アメリカ文学、早稲田大学教授、著書に『生き延びるための世界文学──21世紀の24冊』(新潮社、2014)など)
   中村和恵(ことばつかい、英語圏文学、明治大学教授、著書に『日本語に生まれて──世界の本屋さんで考えたこと』(岩波書店、2013)など)
通訳:小松久恵(ヒンディー文学、追手門学院大学講師)
司会:武田将明(イギリス文学、東京大学准教授)

(タイムテーブル)
17:30~18:30 ミシュラさんによる基調講演「現代インドで女性として書くこと」ヒンディー語、日本語通訳あり
18:30-18:40 休憩
18:40~19:40 3人による鼎談
19:40-20:00 会場との質疑応答

(プロフィール)
アルパナー・ミシュラ(Alpana Mishra 1969-)
ウッタル・プラデーシュ州アーザムガル出身、ニューデリー在住。
現在ヒンディー文学界でもっとも高く評価されている新進作家のひとり。彼女の作品のいくつかはインド国内の複数の大学で教材となっており、2018年現在、短編集4冊、長編小説1冊、そして作品集が1冊出版されている。ミシュラはデリー大学で教鞭をとりながら、現代インドのさまざまな社会問題をテーマに、自身の体験や入念な調査をもとに作品を作り上げる。彼女が作品で取り上げる社会問題の多くは、インドにおいて既婚女性が直面する問題である。
※ミシュラさんの作品の邦訳は未刊行ですが、過去に学会誌に掲載された短篇がございます。入手をご希望の方は、お手数ですが下記問い合わせ先までメールでご連絡ください(件名を「ミシュラさん短篇希望」としてください)。

(問い合わせ先)武田将明(takeda[アットマーク]boz.c.u-tokyo.ac.jp
(主催)UTCP(東京大学大学院総合文化研究科附属共生のための国際哲学研究センター)、科学研究費基盤研究B「現代インドの英語文学:インド社会の変容とグローバル化のはざまで」(研究代表者:難波美和子)、科学研究費基盤研究B「世界文学の時代におけるフィクションの役割に関する総合的研究」(研究代表者:武田将明)


イベント情報を1件お届けいたします。

----------------------------------------------
2018年度立教大学英米文学会開催のお知らせ

来る12月15日(土)に2018年度立教大学英米文学会を下記の通り開催致します。

本年度は、多方面に及ぶ英国文学、とりわけ、ジェイムズ・ホッグとラドヤード・キプリングの研究で名高い高橋和久先生(立正大学特任教授・東京大学名誉教授)を講師としてお迎えし、「英国小説の探偵」と題する特別講演をして戴くほか、本学大学院出身の石川千暁氏(大妻女子大学文学部英文学科専任講師)による講演「トニ・モリスン『スーラ』におけるエロティックな身体」、及び大学院生による研究発表が行なわれます。

本学英米文学会の会員でない方も、研究発表会、講演会ともご参加いただけます。事前予約等の必要はありません。皆様お誘い合わせの上、是非お越しください。ご来場をお待ちしております。



日時:12月15日(土) 14:30-18:00

場所:立教大学 池袋キャンパス 太刀川記念館3階 カンファレンスルーム

プログラムの詳細は、
http://www.rikkyo.ne.jp/grp/dealcar/gakkai_index.html
をご覧下さい。


国際学会の発表公募のお知らせです。

----------------------------------------------

‘Modernism and Multiple Temporalities’

The Second Annual International Conference of the Modernist Studies in Asia Network (MSIA)
12-14 September 2019
Aoyama Gakuin University

Call for Papers
Deadline for Submission of Abstracts 25 December 2018

Further details are available in the website:
https://call-for-papers.sas.upenn.edu/cfp/2018/08/28/call-for-papers-modernism-and-multiple-temporalities

Please also visit our website: https://modernismasia.wixsite.com/main

過去の支部大会(第4回以降)のプログラムがpdf形式でダウンロード可能となりました。ページ上部の「過去の支部大会」タブからアクセスしてください。


支部長
阿部公彦(東京大学)

理事
遠藤不比人(成蹊大学)
大石和欣(東京大学)
大串尚代(慶應義塾大学)
奥聡一郎(関東学院大学)
越智博美(一橋大学)
唐澤一友(立教大学)
倉林秀男(杏林大学)
河野真太郎(一橋大学)
後藤和彦(東京大学)
斎藤兆史(東京大学)
佐藤桐子(大東文化大学)
秦邦生(青山学院大学)
中井亜佐子(一橋大学)
新田啓子(立教大学)
原田範行(東京女子大学)
武藤浩史(慶應義塾大学)
守屋靖代(国際基督教大学)
若林麻希子(青山学院大学)

五十音順 敬称略


 【イギリス文学】
 麻生えりか(青山学院大学)
 井川ちとせ(一橋大学)
 井口篤(慶應義塾大学)
 猪熊恵子(東京医科歯科大学)
 小川公代(上智大学)
 木谷厳(帝京大学)
 ○小町谷尚子(慶應義塾大学)
 近藤弘幸(東京学芸大学)
 高岸冬詩(首都大学東京)
 桃尾美佳(成蹊大学)

 【アメリカ文学】
 斎木郁乃(東京学芸大学)
 ○佐々木真理(実践女子大学)
 竹内美佳子(慶應義塾大学)
 波戸岡景太(明治大学)
 深瀬有希子(実践女子大学)
 堀内正規(早稲田大学)

 【英語学・英語教育】
 石黒太郎(明治大学)
 ○佐藤和哉(日本女子大学)
 ◎佐藤桐子(大東文化大学)

 ◎編集委員長  ○副編集委員長 敬称略


 【イギリス文学】
 岩永弘人(東京農業大学)
 田代尚路(大妻女子大学)
 垂井泰子(中央大学)
 土井良子(白百合女子大学)
 ○冬木ひろみ(早稲田大学)

 【アメリカ文学】
 貞廣真紀(明治学院大学)
 佐藤里野(東洋大学)
 牧野理英(日本大学)
 吉田要(日本工業大学)

 【英語学・英語教育】
 久世恭子(東洋大学)
 ◎倉林秀男(杏林大学)
 横本勝也(上智大学)

 ◎委員長 ○副委員長 敬称略

ABOUT

日本英文学会関東支部

CONTACT

事務局長:伊澤高志(立正大学)
事務局長補佐:侘美真理(東京藝術大学)
理事会書記:佐久間千尋(東京女子大学・非) 
編集委員会書記:笹川渉(青山学院大学)
大会準備委員会書記:溝口昭子(東京女子大学)
HP(ウェブ)担当:小島尚人(法政大学)