新着情報(2022/9/21)

日本英文学会関東支部役員選挙について

2022年度は理事選挙の実施年度にあたります。今回の選挙は、2023-24年度の日本英文学会関東支部の理事を選出するための選挙で、電子投票を基本とします。投票期間は、9月16日から10月5日までです。
詳細については理事選のページをご覧ください。

メールアドレス登録のお願い

関東支部では、今年度の理事選でも電子投票を継続し、経費の削減に努めてまいります。その際には、会員名簿のメールアドレスを利用いたしますので、メールアドレスの未登録やご変更がございましたら、こちらの日本英文学会メールアドレス登録フォームから登録いただくようお願い申し上げます。
なお、メールマガジン受信のためにお知らせいただいているアドレスと、会員名簿のアドレスは照合しておりませんので、ご注意ください。
メールマガジンの購読を希望される方は、メルマガのページより登録してください。

関東支部第22回大会(2022年度秋季大会)について


10月30日(日)に第22回大会が開催されます。研究発表3件、シンポジウム3件と、大変充実した内容になっています。大会に先立ち、総会も開催されます。

日時:2022年10月30日(日)12:00より受付開始(12:30 総会、13:00 研究発表)
場所:中央大学市ヶ谷田町キャンパス

プログラムの詳細、各研究発表・シンポジウムの梗概は、支部大会のページをご覧ください。

第21回大会(2022年度夏季)のProceedingsを公開しました。

講師派遣事業のページを更新しました。

メルマガのページを更新しました。

イベント情報


イベント情報を2件お届けいたします。
----------------------------------------------

東京大学の阿部公彦先生からのお知らせです。

The Power of Words: Joint symposium 2022 (UTokyo-Cambridge Voices) 24th September 2022

We saw the pandemic change our lives. We saw the border violated. We heard politicians telling us incredible lies.
In time of crisis many of us tend to lose confidence in words. Words, however, help us to resist the threatening force, too. How does it happen, then? How can words help us to gain confidence and create a new ‘self’ when we have almost lost our way?
In this conference, we will discuss how words retain their power in texts and how we can talk about their continued dynamism.

Programme
The Power of Words:
Joint Symposium 2022
(UTokyo-Cambridge Voices) Online/Onsite
24th September 2022

The deadline for registration is 22nd September 2022:
https://forms.gle/XsQ5gk3Xf3mD3oGaA

For any questions and enquiries, do not hesitate to contact the English department:
eng[at sign]l.u-tokyo.ac.jp

13:00-14:00: Plenary Address

Professor Rod Mengham
'Housing the Text: Habitat Fragmentation in Modernist and Late Modernist Writing'

14:15-16:00: Roundtable Discussion 1 Activating Voices

Dr Kazuki Inoue
'"What images return / O my daughter":The Poetics of the Ghostly Voice in T. S. Eliot’s "Marina"'

Mariko Kimura
'John Keats and Improvisational Art'

Professor Masahiko Abe
'The Crisis of Allegory in J. M. Coetzee's Disgrace'

Professor Stephen Clark
'Cambridge English in Asia'

16:15-18:00: Roundtable Discussion 2 Writing Matters

Professor Masaaki Takeda
'"Robin, Robin, Robin Crusoe": The Nominalist Origin of the Novel'

Kei Ito
'Gaze on, Gossip about, and Getting Rid of the Outsiders in Emily Bronte's Wuthering Heights'

Haruka Tsutsui
'The Wavering Narrators in Lord Jim: a Topic Modeling Approach Using LDA (Latent Dirichlet Allocation)'

Professor Megumi Arai
'"To Be the Hero of My Own Life" ? Charles Dickens and the Portrait of the Author'

----------------------------------------------
慶應義塾大学の佐藤光重先生からのお知らせです。

日本ソロー学会 2022年全国大会プログラム

期日 10月7日(金)開場13:00より
会場 慶應義塾大学、北館ホール (対面式、ただし日本アメリカ文学会年次大会の形態がオンラインとなった場合は本学会も合わせてオンライン開催に変更し、参加方法について案内を本学会HPにて公開する。)

総合司会 金澤 淳子(東京理科大学)

開会の辞(13時30分) 会長 佐藤 光重(慶應義塾大学)

1.研究発表 (13時35分~14時15分) 司会 堀内 正規(早稲田大学)
山田久美 (久留米工業大学) 
 「Pandemicの時代に――Thoreau的戦闘の在り方に関する一考察」

2.シンポジウム(14時30分~16時50分)
テーマ:ソローと19世紀の作家たち――アメリカン・ルネサンスを再構築する
パネリスト:
 竹野富美子 (東海学園大学)
 「ナサニエル・ホーソーンの戦後処理――ポストベラム期の回想記を読む」
 貞廣真紀 (明治学院大学)
 「もう一つのアメリカン・ルネサンス――ソローとホイットマンにおける自然」
 小椋道晃 (明治学院大学)
 「ノンヒューマンの詩学――ソローとメルヴィルの植物的想像力」
 司会・パネリスト 竹内勝徳 (鹿児島大学)
 「ソローとトウェイン――口承文学の系譜」

3.特別講演(17時00分~18時00分)
 題目 「もしもソローが昌益と出会ったら」
 講師 管 啓次郎 氏 (明治大学)
 司会 佐藤 光重

閉会の辞 副会長 塩田 弘(広島修道大学)
総会 (18時15分~18時30分)
懇親会は開催しない。

# 学会参加はどなたも事前の受付等なく自由に参加できます。

関東支部大会Proceedings」のオンライン公開について

2019年度より日本英文学会の『大会Proceedings』は冊子体での発行を廃止し、ウェブ上でのみ公開する電子版(PDF版)へと移行されました。
本HPの支部大会Proceedingsのページにて公開しておりますのでご覧ください。



 支部長
 奥聡一郎(関東学院大学)
 副支部長
 佐藤和哉(日本女子大学)

 理事

 阿部公彦(東京大学)
 新井潤美(東京大学)
 アルヴィ宮本なほ子(東京大学)
 遠藤不比人(成蹊大学)
 大石和欣(東京大学)
 奥聡一郎(関東学院大学)
 越智博美(専修大学)
 倉林秀男(杏林大学)
 後藤和彦(東京大学)
 斎藤兆史(東京大学)
 佐藤和哉(日本女子大学)
 秦邦生(東京大学)
 武田将明(東京大学)
 巽孝之(慶應義塾大学)
 寺澤盾(青山学院大学)
 中井亜佐子(一橋大学)
 原田範行(慶應義塾大学)
 山本真司(青山学院大学)

――――――――――――――
 監事
 諏訪部浩一(東京大学)
 舌津智之(立教大学)
 本部理事
 阿部公彦(東京大学)
 原田範行(慶應義塾大学)
 評議員
 佐藤和哉(日本女子大学)

 五十音順 敬称略


【イギリス文学】
 植月惠一郎(日本大学)
 浦野郁(共立女子大学)
 加藤めぐみ(都留文科大学)
 兼武道子(中央大学)
 高桑晴子 (お茶の水女子大学)
 中井理香(立正大学)
 増田珠子(駿河台大学)
 宮丸裕二(中央大学)
 本山哲人(早稲田大学)
和治元義博(北里大学)

【アメリカ文学】
 石原剛(東京大学)
 常山菜穂子 (慶應義塾大学)
〇古井義昭(立教大学)
 牧野理英 (日本大学)
 山本洋平(明治大学)
 吉田要(日本工業大学)

 【英語学・英語教育】
倉林秀男(杏林大学)
 塩原佳世乃(東京女子大学)
島崎里子(昭和女子大学)

◎委員長 〇副委員長 敬称略


【イギリス文学】
 川本玲子(一橋大学)
 諏訪友亮(実践女子大学)
中嶋英樹(多摩美術大学)
 橋本健広(中央大学)
山本真司(青山学院大学)

【アメリカ文学】
 大森裕二(拓殖大学)
 加藤有佳織(慶應義塾大学)
 ハーン小路恭子(専修大学)
 宮本文(専修大学)

【英語学・英語教育】
 関戸冬彦(白鴎大学)
 瀧口美佳(立正大学)
 柳川浩三(法政大学)

◎委員長 〇副委員長 敬称略

ABOUT

日本英文学会関東支部

CONTACT

事務局長:久世恭子 (東洋大学)
事務局長補佐:古屋耕平(青山学院大学)
理事会書記:吉野由起(東京女子大学)
編集委員会書記:石川大智(慶應義塾大学)
大会準備委員会書記:溝口昭子(東京女子大学)
HP(ウェブ)担当:西野方子(東京理科大学)