新着情報(2019/12/5)

メルマガのページを更新しました。

2019年度関東支部総会開催のお知らせ

秋季大会中止に際し開催が延期されておりました総会を以下の日時と場所で開催いたします。

               2019年11月16日 日本英文学会関東支部長 阿部公彦

           記

1.日時:2019年11月24日(日)午後5時30分
2.場所:早稲田大学戸山キャンパス 33号館16階第10会議室
3.議題:①支部長報告
      (i) 第18回(2019年度)秋季大会の中止について
      (ii) 2019-2020年度日本英文学会関東支部理事会の構成について
     ②大会準備委員会報告
     ③編集委員会報告
     ④事務局報告
      (i) 2018年度収支決算・会計監査
      (ii) 関東支部講師派遣事業

                            以上

支部大会Proceedingsのページを公開しました。

2019 年度より日本英文学会の『大会Proceedings』は冊子体での発行を廃止し、ウェブ上でのみ公開する電子版(PDF版)へと移行されました。それに伴い「関東支部大会Proceedings」を本ページにて公開いたします。「支部大会Proceedings」のタグからご覧ください。

イベント情報を4件お届けいたします。

----------------------------------------------

慶應義塾大学アメリカ学会主催第一回国際シンポジウム
環太平洋、環大西洋、環文学史
—— 脱アメリカ的アメリカ研究の到来——

スタンフォード大学教授シェリー・フィシュキンにより提唱された脱アメリカ的アメリカ研究の学術誌
JTAS(Journal of Transnational American Studies)が創刊されて きっかり 10年。
この度、その編集委員たちの共編になる The Routledge Companion to Transnational American Studies (Routledge, 2019)が
刊行されたことを記念し、この方法論を意識する三名の著名学者をスーパーグローバル・プロフェッサーとして招聘し、
アメリカ研究の未来を占う国際シンポジウムを開催します。本会、懇親会ともに、ご興味のある方は、ふるってご参加ください。

日時: 2019年 12月 6日(金曜日) 10時〜18時
会場:慶應義塾大学三田キャンパス東館 8階大会議室
参加無料

総合司会:加藤有佳織(慶應義塾大学助教)
基調講演: 10:30: マーク・セルツァー(カリフォルニア大学ロサンジェルス校教授)
      13:30: ニーナ・モーガン(ケネソー大学准教授、 JTAS編集長)
      16:00: アルフレッド・ホーヌング(ヨハネス・グーテンベルク大学マインツ校オバマ研究所教授、 JTAS編集委員)
開会宣言:10:00: 松浦良充(慶應義塾大学文学部長)
はじめに:10:15: 巽孝之(慶應義塾大学文学部教授、 JTAS編集委員)
パネル I : 11:00-12:30:「アメリカ文学史再考」(司会:マーク・セルツァー、講師:田ノ口正悟、小泉由美子、細野香里、
      志賀俊介 [以上、慶應義塾大学博士号候補]、討論者:アルフレッド・ホーヌング)

パネル II : 14:00-15:30: 「環大西洋的想像力」(司会兼講師:大串尚代 [慶應義塾大学教授]、新田啓子[立教大学教授]、
      グレッグ・べヴァン(福岡大学教授)、趙泰昊 [信州大学助教]、討論者:ニーナ・モーガン)
パネルIII : 16:30-18:00: 「環太平洋的転回」(司会・巽孝之、講師:宇沢美子 [慶應義塾大学教授]、越智博美[一橋大学教授]、
      メアリ・ナイトン [青山学院大学教授}、討論者:ニーナ・モーガン、アルフレッド・ホーヌング)
懇親会:下記にお申し込み下さい。
      https://keioamsa.wixsite.com/mysite

----------------------------------------------

第33回イギリス女性史研究会

日時: 2019年12月7日(土) 13時~17時30分
場所: 青山学院女子短期大学 S101(メイン会場) S103(サテライト会場)
内容:

趣旨説明 13時~13時10分  志渡岡 理恵 (実践女子大学)

報告① 13時10分〜13時40分 
「女性たちの大西洋往還と創作の磁場―ポカホンタス、ベーン、モル、ウィンクフィールド」
原田範行(慶應義塾大学)
報告② 13時45分〜14時15分
「歴史の現場からのリポート――1840年以前に出版された女性の旅行記」 志渡岡 理恵

小休憩

報告③ 14時25分〜14時55分  
「啓蒙とロマン主義の「文人」たち――「長い18世紀」のスコットランドと女性の旅行記」
松井 優子(青山学院大学)

報告④ 15時〜15時30分
「旅の変容と変貌するネイション――アイルランドが育む女性の言説」   
中村 哲子(駒澤大学)

休憩

コメント 16時〜16時30分 指 昭博(神戸市外国語大学)

質疑応答 16時30分〜17時20分

懇親会: 18時~20時 (青山学院アイビーホールのフィリア)、 会費: 有職者6000円程度、学生3000円程度

問合せ先:イギリス女性史研究会事務局 jwhn_adm@yahoo.co.jp

----------------------------------------------

文教大学の芦田川祐子先生から、下記の50周年記念論文募集のお知らせがありました。どなたにもご応募いただける企画ということで掲載いたします。

日本イギリス児童文学会50周年記念論文募集について

1.目的
日本イギリス児童文学会創立50周年を記念し、英語圏の児童文学研究をさらに発展させるべく、
深さと広がりを備えた論文を募集します。

2.内容
英語圏の児童文学に関するもの。未発表の学術論文(長さ、形式は2019年度版の日本イギリス児童文学会会誌Tinker Bell』執筆要項に準ずる)または20194月から20203月までの間に公刊された論文の自薦または他薦。

3.応募資格
応募資格は問いませんが、他薦の場合は著者の了承を得ていること。

4.応募期間
202041日~531日(消印有効)

5.応募方法
無記名で紙媒体のものを5部、応募用紙1部とともに、レターパックなど配達記録が残る方法で学会事務局宛に郵送してください。

なお、2019年度の『Tinker Bell65号に掲載された論文については自動的に審査の対象となるため、応募は不要です。

6.表彰
・入選1点 賞金10万円
・佳作2点 賞金各5万円

審査の結果は、2020年度の日本イギリス児童文学会研究大会にて発表します。また、入選・佳作となった論文で未発表のものは、
電子データの提出を求め、『Tinker Bell66号に掲載します。

7.審査委員:川端有子(委員長)、芦田川祐子、島式子、西村醇子、菱田信彦

8.問合せ先:日本イギリス児童文学会事務局(Eメール jpenjido@yahoo.com
*応募用紙は学会HPhttps://jpenjido.jimdo.com/)よりダウンロード可能です。

----------------------------------------------

2019年度立教英米文学会開催のお知らせ


来る12月21日(土)に2019年度立教英米文学会を下記の通り開催致します。

本年度は、17世紀から21世紀に至るアメリカ詩研究に確固たる足跡を残してきただけでなく現役の詩人でもある
渡辺信二氏(山梨英和大学副学長・人間文化学部教授、立教大学名誉教授)を講師としてお迎えし、
「アメリカは夫婦愛から:Anne Bradstreet, “To My Dear and Loving Husband”」と題する特別講演をして戴くほか、
本学大学院出身の大西寿明氏(神戸市外国語大学英米学科准教授)による講演
「探偵に猛毒を――Strong Poisonにおける男性探偵像の解体」、及び大学院生2名による研究発表が行なわれます。

本学英米文学会の会員でない方も、研究発表会、講演会ともご参加いただけます。事前予約等の必要はありません。
皆様お誘い合わせの上、是非お越しください。ご来場をお待ちしております。

         記


日時:12月21日(土) 14:00-18:00

場所:立教大学 池袋キャンパス 太刀川記念館3階 カンファレンスルーム

プログラムの詳細は、
http://www.rikkyo.ne.jp/grp/dealcar/gakkai_index.html
をご覧下さい。


 支部長
 阿部公彦(東京大学)

 理事
 新井潤美(東京大学)
 アルヴィ宮本なほ子(東京大学)
 遠藤不比人(成蹊大学)
 大石和欣(東京大学)
 大串尚代(慶應義塾大学)
 奥聡一郎(関東学院大学)
 越智博美(一橋大学)
 川端康雄(日本女子大学)
 後藤和彦(東京大学)
 近藤弘幸(東京学芸大学)
 斎藤兆史(東京大学)
 秦邦生(青山学院大学)
 武田将明(東京大学)
 田尻芳樹(東京大学)
 寺澤盾(東京大学)
 中井亜佐子(一橋大学)
 原田範行(慶應義塾大学)
 冬木ひろみ(早稲田大学)


 五十音順 敬称略


 【イギリス文学】
 麻生えりか(青山学院大学)
 井上麻未(聖路加国際大学)
 猪熊恵子(東京医科歯科大学)
 小川公代(上智大学)
 北川依子(東京工業大学)
 ◎近藤弘幸(東京学芸大学)
 阪本久美子(日本女子大学)

 笹川浩(中央大学)
 杉藤久志(日本大学)
 〇高岸冬詩(首都大学東京)
 【アメリカ文学】
 梶原照子(明治大学)
 竹内美佳子(慶應義塾大学)
 中谷崇(横浜市立大学)
 〇波戸岡景太(明治大学)
 深瀬有希子(実践女子大学)
 藤村希(亜細亜大学)
 【英語学・英語教育】
 〇石黒太郎(明治大学)
 斎藤弘子(東京外国語大学)
 佐藤和哉(日本女子大学)

◎委員長 ○副委員長 敬称略


 【イギリス文学】
 〇岩永弘人(東京農業大学)
 川崎明子(駒澤大学)
 木谷厳(帝京大学)
 田代尚路(大妻女子大学)
 ◎冬木ひろみ(早稲田大学)
 【アメリカ文学】

 佐藤里野(東洋大学)
 古屋耕平(神奈川大学)

 牧野理英(日本大学)
 吉田要(首都大学東京)
 【英語学・英語教育】
 今井純子(順天堂大学)
 久世恭子(東洋大学)
 横本勝也(上智大学)


 ◎委員長 ○副委員長 敬称略

ABOUT

日本英文学会関東支部

CONTACT

事務局長:侘美真理(東京藝術大学)
事務局長補佐:竹内理矢(明治大学)
理事会書記:佐久間千尋(首都大学東京) 
編集委員会書記:笹川渉(青山学院大学)
大会準備委員会書記:溝口昭子(東京女子大学)
HP(ウェブ)担当:小島尚人(法政大学)